山形 手打蕎麦 竹ふくのお知らせ

takefuku.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 26日

山形産『でわかおり』

a0054974_1304656.jpg
山形産『でわかおり』を打ち始めました。

『でわかおり』とは昭和63年から山形県農業試験場において、在来種『最上早生』の品種改良を繰り返し、大粒で良品質な特性系統を選抜育成した結果、平成8年度に山形県の優良品種に登録されたもので、県産オリジナル品種です。


a0054974_1312127.jpg
在来種に比べ、大粒で香りが高く、滑らかな食味が特長です。
[PR]

by sobatakefuku | 2012-10-26 10:00
2012年 10月 07日

新そばを打ち始めました

a0054974_6393114.jpg


新そばを打ち始めました。
先ずは、北海道の音威子府(おといねっぷ)産、
美瑛(びえい)産が入荷しました。
甘味があり、新そばさわやかな香りがします。

音威子府村は北海道の北部にあり
北海道で一番小さな村です。
海からもわりと近いのですが、四方を山に囲まれた盆地で、
寒暖の差が激しいところです。


美瑛町は北海道のほぼ中央に位置する美瑛町大雪山国立公園十勝岳連峰の
懐に広がる丘陵地帯です。
丘のまちとも言われています。


山形産「でわかおり」の新そばが入荷するのは10月末頃の予定です。 

変わりそばは菊切りを打っています。

新そばの通信販売はこちらで!
[PR]

by sobatakefuku | 2012-10-07 06:43
2012年 10月 01日

秋の変わり蕎麦『菊切り』

a0054974_18512223.jpg


秋の変わり蕎麦『菊切り』を打ち始めました。

秋の花といえば、菊の花。日本人にとっては春の桜とともに、
馴染み深い花のひとつです。

元来、菊は不老長寿の霊草とされ、日本でも平安時代には中国の風習に習い、
天皇の御前に菊を飾り、侍従たちに菊の花をひたした酒を振る舞い、
長寿を保つ儀式を行ったと伝えられています。

山形県は食用菊の生産量で全国1位を誇る主産地。
東京都中央卸売市場で扱う6割以上は山形産が占めるほどです。

竹ふくの『菊切り』は、
さらしなそばに山形産の黄菊を練りこみました。

ほのかな香り、そして甘さとほろ苦さは、秋にしか味わえない
季節限定の大人の味です。

新そばは、まもなく入荷の予定です。
[PR]

by sobatakefuku | 2012-10-01 18:54