山形 手打蕎麦 竹ふくのお知らせ

takefuku.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 24日

寒ざらしそばの浸水作業

a0054974_2126243.jpg
1月24日、山形市宝沢地区不動沢で
寒ざらしそばの浸水作業が行われました。

例年大寒におこなうのですが
今年は3日遅れの作業です。

神主さんに祈祷をして頂いてから作業を行います。

昨年秋に収穫した最上早生約3トンを
250の網袋に分けて沢水に浸しました。

冷水に浸してアクを抜くことで舌触りが良く、
甘味のある淡白な味わいのそばになります。


a0054974_21535637.jpg今年は雪も多いのですがとにかく寒いです。
作業前の水面には氷が張っていました。

今日の山形市の最低気温はマイナス4度ですが、
作業場所は標高430メートルほどの山中で、
早朝からの作業なのでかなり寒いです。


a0054974_23184225.jpg
寒ざらしそばは、の開花(霞城観桜会)に合わせ、
4月20日頃に入荷の予定です。


a0054974_17151615.jpg
今年も、乾麺の販売を致します。

くわしくは、こちらで
http://www4.ocn.ne.jp/~takefuku/
[PR]

by sobatakefuku | 2012-01-24 21:56
2012年 01月 08日

冬のおすすめ!

最近は少なくなりましたが、
かもなんばんは辛いんですか?」と聞かれる事があります。

鴨南蛮は辛くありません。
鴨南蛮の南蛮とはネギのことなのです。

江戸時代にネギのことを「南蛮」と呼び、それが蕎麦屋では現在にまで
受け継がれているのです。

室町から江戸時代にかけて、タイ、ルソン、ジャワなどの南洋の国々の
ことを南蛮と呼ぶようになり、その地を経由して来る人や物までも南蛮と
呼んだのです。すなわち南蛮人です。
ポルトガル人、イスパニア人も南蛮人と呼んだそうです。

それがなぜネギの呼称になったかは明らかではないのですが、南蛮の地を
経由して渡来した人々がよく食べたことから、南蛮はネギを好む、転じて
ネギを入れた料理をも指すようになったらしいのです。
ネギには異国での病気を予防するという意味もあったといわれています。

どうしても「南蛮=トウガラシ」と思ってしまいますが、トウガラシは南蛮人が
辛いものを好んだことからそう呼ばれるようになったそうです。

竹ふくの鴨南蛮は、鴨肉と相性のよいネギを、香りと甘味を出すために
鴨肉といっしょに焼いています。

鴨南蛮の後にさっぱりとした「ゆず切り」!
なんていうのも、なかなか乙なものです。

a0054974_23211669.jpga0054974_2322761.jpg


  ↑鴨南蛮                            ↑鴨せいろ
[PR]

by sobatakefuku | 2012-01-08 23:23
2012年 01月 02日

年始の営業時間のご案内

あけましておめでとうございます
年始の営業時間のご案内です。

元旦   休み
2日   午後3時まで
3日   午後3時まで
4日   休み
5日から平常通り営業
但し、
そばがなくなり次第 、閉店する事もございます。
ご了承ください。
[PR]

by sobatakefuku | 2012-01-02 03:01